今年度閉校の海洋高校跡 アスリート養成拠点に
                                                      平成23年9月15日(木)読売新聞

滑川市などが構想
 県立高校の再編で、今年度閉校する海洋高校(滑川市高月町)の跡地について、滑川市や県サッカー協会などが、サッカーグラウンドや体育館などを整備して、アスリート養成の拠点とする構想を持っていることがわかった。県が14日、明らかにした。拠点施設の整備は、県内選手やチームの底上げを目指す狙いがあるといい。県は今後、滑川市や県サッカー協会などと具体的な計画について詰めの協議を進める。

 県議会一般質問で神田真邦議員(自民)の質問に石井知事が応えた。
 構想では、グラウンド(約1万5000平方メートル)に公式大会も開催できる人工芝サッカー場を2面作るほか、体育館(約2700平方メートル)で五輪メダリストらトップアスリートによる指導の実施、リハビリ施設などの機能も持つ「総合型スポーツクラブ」を設置する案などがでている。サッカー協会も「優秀選手を育てる場とした」と意気込んでいる。石井知事は「県内のスポーツ振興として好ましい方向」と構想に賛同した上で、「土地建物の取り扱いや管理運営方法について、地元市や関係団体で具体的な方策を検討してほしい」と述べた。海洋高校は、2010年度に滑川高校(同市加島町)と統合。3年生が卒業する今年度での閉校が決まっている。


戻る