ボート漕ぎマシン体験 元気とやまスポレク交流大会
                                                    平成24年10月29日(月)北日本新聞

 元気とやまスポレク交流大会2012富山会場は28日、富山市八木山(大沢野)のアイザックスポーツドームでさまざまな種目が行われ、市民約1400人がスポーツを通して親睦を深めた。

 ストラックアウトやトランポリン、スポーツチャンバラなどのニュースポーツに次々と挑戦するスタンプラリーやドッチビー交流大会などを実施。ボート競技を疑 体験できるマシンローイングもあり、参加者は全身を使いながら負荷の掛ったハンドルを懸命に引いていた。

 元気とやまスポレク交流大会は「スポレクとやま2010」の開催を契機に県民の元気づくりを進めようと昨年スタート。ことしは10月に順次、県内計4会場で開かれた。

 

戻る