のびのび 火曜日 ぶんぶんジュニア とやま元気っ子 
                                                    平成24年12月25日(火)北日本新聞

アイウェーブ新体操ANGEL  目標に向け演技磨く
 教室は、井波地域のNPO法人アイウェーブが5年前に設立しました。メンバーの希望や適性などで3クラスに分け、いづれも井波社会体育館などで練習しています。

 初級のメンバーは小学校低学年の16人。月3回集まります。新体操を楽しむことをモットーに、和気あいあいとした雰囲気の中、リズムダンスやフラフープを使った体操、体力作りに取り組んでいます。
 中級には小学校2〜5年の5人が所属し、週2回練習しています。南砺市内で開かれる文化祭や、毎年3月に行われる教室の発表会などで良い演技をすることを目標に汗を流しています。

 選手クラスには小学生9人と中学生7人がいます。北信越大会を突破して全国大会に出場することが目標です。練習は週2回ですが、大会が近づくと週5、6回に増えることもあります。
 初級の河原久依さん(井波小学校3年)は「体が柔らかくなるといろんな技ができるようになった。演技は緊張するけど楽しい」と話しています。

 講師の西尾莉央さんは、競技を楽しむことやベストを尽くすことの大切さを教えています。「レベルアップのためには技術だけでなく心の成長も欠かせない。いずれは教え子が指導者として戻ってきてくれればうれしい」と話しています。

 

戻る