センター整備に2億400万円寄付 県サッカー協会
                                                    平成24年12月7日(金)北日本新聞

 県サッカー協会(福田孜会長)は6日、滑川市が旧海洋高跡地で進める県フットボールセンター整備事業に対し、2億400万円を寄与した。
 贈呈式が市役所であり、福田会長が「総合型スポーツセンターとしても利用できる素晴らしい施設。有効活用し、優れた選手を育成していきたい」とあいさつ。久保副市長に目録を手渡した。貫江和夫専務理事が同行した。

 同センターは、市が約5億5千万円で整備。同協会と同市の地域型総合スポーツクラブ「なめりCANクラブ」を主体としてNPO法人「フットボールセンター富山」が運営を担う。命名権は、日医工が取得し、愛称を「日医工スポーツアカデミー]とする。
 同協会からの寄付金には、日本サッカー協会助成金や日医工の命名権料が含まれる。

 

戻る