登山の基本を理解 福岡町で研修会
                                                      平成25年2月4日(月)北日本新聞

 スポーツ研修会「安全で楽しい登山やトレッキング」は3日、高岡市福岡町大滝の市ふくおか総合文化センターで開かれ、立山登山を予定している市内の小学校の教員や、地元の登山愛好者ら約50人が準備の大切さを学んだ。

 地元のNPO法人「遊・Uクラブ」(石黒光祐理事長)の主催で、県警山岳警備隊の山田智敏分隊長を講師に招いた。
 分隊長は写真や映像を交えながら、登山に必要な装備や遭難救助の現場などについて紹介。「無理のない計画と万全な装備が登山の基本になる。万一に備え、家族や友人らに日程を伝えておくことも大切だ」と語った。

 

戻る