苦手な跳び箱克服
                                                      平成24年10月7日(日)富山新聞

 総合型スポーツクラブ「アイウェーブ」(南砺市)の「とびばこ塾」は6日、同市井波小で開かれ、同小1〜5年生30人が、跳び箱の跳び方を学んだ。

 「苦手克服シリーズ」の第3弾。南砺市井口小教員の辻祐章さん(51)が講師を務め、開脚跳びではリズミカルな助走や台を突き放すこと、安定した着地が重要と助言した。児童は思い切り練習をし、着地後はポーズを決めた。台上前転や抱え込み跳びなどの技にも取り組んだ。

 

戻る