toto対象競技拡大を本格検討 スポーツ議連
                                                     平成24年7月14日(土)読売新聞

 超党派のスポーツ議員連盟は13日、都内でスポーツ振興くじ(toto)の制度改正に向けた検討プロジェクトチーム(PT)の初会合を開き、スポーツ振興の財源拡充のため、サッカーのJリーグに限られているtotoの対象競技の拡大と最高当せん金の引き上げに向けて本格的な検討に入った。今後、PTで具体案を協議し、今秋の臨時国会での法改正を目指す。

 会合には文部科学省や日本スポーツ振興センターも出席。サッカーの海外リーグやワールドカップなどの国際大会を新たな対象競技とする案が示され、実現可能かを文科省が調査することになった。

 

戻る