2年ぶりに海外交流事業
                                                     平成24年5月13日(日)北日本新聞

 NPO法人ふちゅうスポーツクラブ(宮脇範純理事長)は12日、富山市婦中町砂子田の速星公民館で総会を開き、本年度の事業計画などを決めた。

 東日本大震災の影響で昨年中止した海外交流事業を2年ぶりに実施。6月上旬にシンガポールから中学生30人が訪れ、地域の住宅でホームステイするほか、速星中学校生徒らと交流する。
 サルサやヒップホップなど複数のダンスを楽しむ大人向け教室や、小学生向けのチアリーディングの教室を新たに設ける。

 

戻る