みんなで夏の思い出づくり おやべスポーツクラブ
                                                    平成24年8月11日(土)北日本新聞

 小矢部市内の小学生が市文化スポーツセンターに宿泊しながら交流する「わんぱく学園」が10日始まり、児童らがスポーツや食事作りなどで夏休みの思い出をつくつた。

 NPO法人おやべスポーツクラブが毎年夏と冬に開き、13回目。市内の小学生62人が参加し、富山大や石動高校の学生、生徒37人が、ボランティアで企画運営に携わった。

 1泊2日の日程で行われ、10日は午前に自己紹介やゲームで交流を深めた。午後は屋外で運動会があり、児童は思い切り体を動かして楽しんだ。11日は児童が考えた鉄板焼き料理をつくる「わんぱく夏祭り」を開く。

 

戻る