欧州リーグ・W杯もくじに 法改正目指す
                                                    平成24年8月30日(木)北日本新聞

 超党派の国会議員でつくるスポーツ議員連盟は29日、スポーツ議員連盟は29日、スポーツ振興くじの制度改正を検討するプロジェクトチームの会合を開き、サッカーの欧州主要リーグやワールドカップ(W杯)もくじの対象に加える方針をまとめた。W杯ブラジル大会が開催される2014年度からの発売を目標に法改正を目指す。

 ラグビーやバスケットボールの国内リーグを対象にすることも検討したが、「認知度が低い」「プロ化していない」などの理由で断念した。振興くじは現在、サッカーのJリーグだけが対象になっている。座長を務める自民党の遠藤利明衆院議員は「政局が流動的な面はあるが、年内に法案を通したい」と話した。

 

戻る