庄川下りスリル満点 砺波
                                                      平成24年8月6日(月)北日本新聞

 砺波市の庄川スポーツクラブ・アユーズ(寺井武彦理事長)は5日、同市庄川町金谷の庄川で「ラフティングボートで庄川下り2012」を行い、子どもたちがスリル満点のクルーズを楽しんだ。

 約50人が参加し、ボート4艇に6〜8人ずつ乗り込み、庄川合口ダム下流から出発。雄神橋付近まで約2キロを約40分かけて、歓声と水しぶきを上げながら川を下った。
 青年サークル「となみ元気道場」が運営に協力した。

 

戻る