井田川の水質・生物調査 やつおスポーツクラブ
                                                      平成24年8月9日(木)北日本新聞

富山河川国道事務所 地元小学生が参加
 富山河川国道事務所は8日、富山市八尾福島の井田川で、地元の子どもたちと一緒に水質と水生生物を調査した。県内の川の特徴や役割について学んでもらおうと、同事務所が県内各地で開催している。地元の「やつおスポーツクラブ」(石森正二理事長)に所属する小学4〜6年生計19人が参加した。

 子どもたちは、同事務所の職員と共に、川の水に含まれている酸素量や透明度を調査。川に入って石を裏返し、カワトビゲラやハリガネムシなどを捕り、生息している生物から水質を分析した。
 井田川のほかにも、常願寺川でも同様の調査を行った。

 

戻る