来月スポレク 県内4会場参加者募集
                                                     平成24年9月5日(水)北日本新聞

 スポーツレクリエーションを楽しむ「元気とやまスポレク交流大会2012」は10月に県内4会場で開かれる。県民体育大会、県民スポーツ・レクリエーション祭、県スポーツ少年団競技別総合交流大会と同様、県スポーツフェスタの一環。参加無料で、パークゴルフやラージボール卓球、ニュースポーツ体験ラリーなどさまざまな種目で交流を深めることができる。参加者を募集している。

 大会は、2010年に県内で行われた全国スポーツ・レクリエーション祭(スポレクとやま2012)を契機に、県民のスポーツ参加を促すとともにスポーツ人口の拡大を目的として昨年スタート。前回は子どもから高齢者まで約5500人が汗を流した。県内総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(とやまSCネット)が企画し、各開催地域のクラブが運営に携わっている。

 2回目となる今大会は、富山、高岡、新川、砺波の4会場で実施。各会場、事前申し込みが必要な交流大会と、誰でも自由に参加できる種目を用意している。とやまSCネットは「生涯スポーツの一大イベント。性別や年齢を問わず、多くの人に参加してもらい、スポーツを楽しみなが交流の輪を広げてほしい」とPRしている。

 各会場の交流大会への参加申し込みは、
県体育協会のホームページ(http://www.toyamasports.or.jp/)、
または県の情報サイト「とやまスポーツ情報ネットワーク」(http://www.sportsnet.pref.toyama.jp)から申込書をダウンロードし、所定のクラブに提出する。

 

戻る