滑川市 市町村議会 県フットボールセンター来週の完成へ着々 請負契約可決
                                                     平成24年7月21日(土)富山新聞

 臨時会を開き、会期を1日間と決めた後、今春閉校した海洋高跡地を「県フットボールセンター(仮称)」(愛称・日医工スポーツアカデミー)に整備するための人口芝コートと防球ネット新設工事の請負契約締結、道路陥没による損傷車両損害賠償専決処分の議案2件、報告5件を提出し、上田昌孝市長が議案を説明。いずれも可決、承認し、閉会した。

 工事請負契約は佐藤工業(北陸支店=富山市)古栃建設(滑川市)共同企業体と2億2995万円で締結する。予定価格2億3667万円を事前公表して条件付き一般競争入札を行い、3社が応礼した。審議した総務文教消防常任委員会で、市は「県フットボールセンター」の完成予想図を初公開した。

 市によると、サッカーコートは国際基準サイズ2面とし、防球ネットは高さ約7メートルを計画。今後、クラブハウスや夜間照明8基の建設、再活用する特別教室棟や武道場の耐震工事などを順次行い、来年4月の供用開始を目指す。旧海洋高の校舎解体がほぼ終わったとし、海側の旧県水産試験会場跡地を駐車場とする計画が示された。

 

戻る